Introduce各科・医師紹介

神経内科

診療科の紹介

  • 主な疾患・実績
    • パーキンソン病、小脳失調症、筋委縮性側索硬化症などの神経変性疾患
    • 認知症
    • ギラン・バレー症候群や多発性ニューロパチーなどの末梢神経疾患
    • 重症筋無力症や筋炎など、神経筋接合部及び筋疾患
    • その他 脳梗塞、髄膜炎・脊髄炎・脳炎、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、てんかん、頭痛、脊髄炎、筋炎など
  • 診療科の特徴・概要

      脳神経内科は脳〜脊髄〜末梢神経〜筋肉を障害する疾患を対象としています。

      患者さんの症状としては、頭痛、めまい、手足のしびれ(感覚障害)や脱力(麻痺)、歩行障害(歩きにくいなど)、ふるえ、意識障害、けいれん、言語障害(呂律がまわらないなど)、動作が遅い、手足に力が入らない、物が二重に見える、物忘れなどが挙がります。

      疾患としては、脳梗塞、髄膜炎・脊髄炎・脳炎、認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、てんかん、頭痛、脊髄炎、末梢神経疾患、重症筋無力症、筋炎など多彩です。

      神経内科は非常勤医師による診療ではありますが、今年度より週1日から週3日となり、より受診しやすくなっております。

      ≪当科で可能な検査・治療≫

    • 頭部、脊髄MRI
    • 各種シンチ検査(脳血流SPECT、MIBG心筋シンチ、DaTスキャンなど)
    • 各種電気生理検査(脳波、神経伝導検査、反復刺激試験、針筋電図)
    • 髄液検査
    • ボトックス治療(眼瞼痙攣、顔面痙攣など)
    • ※大学病院での検査・治療が必要な場合には、紹介いたします。

  • 患者さんへのメッセージ

    神経内科疾患を幅広く診ておりますので、ぜひご紹介ください。

  • 開業医の先生方へのメッセージ

    大学病院の受診が予約日や距離の兼ね合いが難しい場合で、神経内科での診療が必要な場合はぜひご紹介ください。

非常勤医

非常勤医 立石 貴久

(タテイシ タカヒサ)

専門分野

  • 神経内科(とくに神経変性疾患)

認定資格

  • 日本内科学会内科認定医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本頭痛学会頭痛専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医

医師免許取得 2000年

開業医の先生方へ

神経内科疾患を幅広く診ておりますので、ぜひご紹介ください。

非常勤医 平城 由香子

認定資格

  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医

医師免許取得 1984年

非常勤医 入江 研一

(イリエ ケンイチ)

専門分野

  • 神経内科(とくに脳卒中/認知症)

認定資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • 日本認知症学会認知症専門医、認知症指導医

医師免許取得 2012年

患者さんへ一言

急性期から慢性期まで幅広く診療を行います。
患者様だけでなく、ご家族も含めた包括的な診療を心がけております。

開業医の先生方へ

専門分野は脳卒中ですが、common diseaseから神経難病の診断と治療まで幅広く対応致しますので、ご紹介お待ちしております。