Introduce各科・医師紹介

眼科

診療科の紹介

  • 主な疾患・実績
    • 白内障
    • 網膜・硝子体疾患
    • 涙道疾患
    • 緑内障
    • その他眼科一般
  • 診療科の特徴・概要
    • 眼科疾患全般にわたり、常勤医師1名と久留米大学病院からの非常勤医師で外来診療を行っています。
    • 外来診療は月曜~金曜日で行っており火曜日と水曜日午後が定例の手術日です。
    • 白内障をはじめ、網膜剥離・糖尿病網膜症・黄斑上膜・黄斑円孔に対する硝子体手術、緑内障手術を行っています。
    • 金曜日午後には加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管に対しての抗VEGF薬の硝子体内注射による外来加療行っております。
    • 低侵襲な手術、外来加療を心がけ少しでも地域医療に貢献できればと思います。
  • 患者さんへのメッセージ

    少しでも不安がとけるような外来診療、手術加療を心がけ、少しでも地域医療に貢献できればと思います。

  • 開業医の先生方へのメッセージ

    裂孔原性網膜剥離や水晶体核落下など緊急を要する症例もできるだけ対応していきたいと考えております。
    緊急の症例がある場合は一度お電話などでご連絡頂ければ幸いです。

常勤医

眼科医長 石橋 弘基

(イシバシ コウキ)

専門分野

  • 網膜・硝子体疾患、涙道疾患

認定資格

  • 日本眼科学会眼科専門医

医師免許取得 2009年

患者さんへ一言

それぞれの患者さんにあった治療法を提供できるように心がけております。気軽にご相談ください。

開業医の先生方へ

大学病院では黄斑外来、糖尿病網膜症外来、涙道外来を主にしており、手術は硝子体手術を主にしておりました。
水晶体核落下や眼内レンズ落下に対しての硝子体手術、眼内レンズ強膜内固定も多く施行しておりましたので、症例がありましたらよろしくお願い致します。