Introduce各科・医師紹介

外科

診療科の紹介

  • 主な疾患・実績
    • 【消化器外科】
      • 食道、胃、小腸、大腸悪性腫瘍(食道癌、胃癌、小腸癌、GIST、結腸癌、直腸癌など)
      • 消化器良性疾患(胃・十二指腸潰瘍、腸閉塞、虫垂炎、消化管穿孔性腹膜炎など)
      • 腹壁疾患(鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなど)
    • 【肝胆道外科】
      • 肝悪性疾患(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌)
      • 肝良性疾患(巨大肝嚢胞、肝外傷など)
      • 胆道悪性疾患(胆管癌、胆嚢癌)
      • 胆道良性疾患(胆嚢結石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープなど)
      • 膵臓悪性疾患(膵癌)
      • 膵臓良性疾患(膵炎、膵のう胞性疾患)
      • その他(肝硬変による脾腫、ITPに対する脾臓摘出術)
    • 【呼吸器外科】
      • 胸部悪性疾患(原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、中皮腫など)
      • 胸部良性疾患(気胸、膿胸、肺腫瘍など)
    • 【乳腺外科】
      • 乳腺悪性腫瘍、乳腺良性腫瘍、乳腺炎など
    • 【血管外科】
      • 下肢静脈瘤、閉塞性動脈疾患
  • 診療科の特徴・概要
    • 患者さんが「元気に帰れる手術を行う外科」をテーマに「安全な手術と術後管理」、「低侵襲手術を含めた患者さんのニーズへの対応」を実践し日々努力しています。
    • 術前術後のリスク管理や治療方針を、他科を含めたカンファランスで話し合い、最もその患者さんに合った方法を選択し、提案します。
    • 特に癌の治療に関して、ガイドラインに沿った手術と化学療法を提供するにとどまらず、高齢社会に対応した、患者さんの日々の生活が充実する方法を提案します。
    • 良悪性にかかわらず積極的に身体に負担が少ない鏡視下手術を導入しています。
    • 外科医師スタッフのみならず、緩和ケアチームや栄養サポートチーム、高齢者サポートチームと連携して様々なニーズに満足頂けるように対応しています。
  • 開業医の先生方へのメッセージ

    現在、公立八女総合病院外科には、消化器外科(食道・胃・小腸・大腸・肝・胆・膵)ならびに呼吸器外科(肺・縦隔)の全ての分野の専門医がそろっています。
    加えて、血管外科ならびに乳腺外科の専門外来も続けており、手術治療も行っています。
    各々の診療ならびに手術(鏡視下手術も含む)が可能なだけでなく、全ての外科医師が15年以上の研鑽を積み上げてきており、技術と知識においては大学病院に勝るとも劣らぬ戦力となっています。
    また、患者さんの早期回復とともにADLやQOLを維持して退院できるように、約7年前から周術期のチーム医療も充実させ、術後早期の身体的・栄養学的な自立ができるようなプログラムの構築を行い、術後合併庄の減少をはじめとした効果を得ています。
    当院の外科では、八女・筑後地域の患者さん方が、地元で治療を完結できるように地域の中核を担うべく、がんに対する集学的治療と救急医療を今後もしっかりと行っていきます。
    これまで以上に、開業医の先生方と連携をとって、地域住民の健康寿命の延長に貢献したいと考えていますので、今後ともよろしくお願いします。



常勤医

企業長 兼 院長  平城 守

(ヒラキマモル)

認定資格

  • 日本外科学会認定医、専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会認定医、専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
  • 日本静脈経腸栄養学会認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 全国国民健康保険診療施設協議会地域包括医療・ケア認定医

医師免許取得 1983年

患者さんへ一言

現在は病院長としての病院全体のマネージメント業務が主で、外来や病棟にあまり時間が割けません。そんななかでも、医師として少しでも地域医療に貢献できればと思っています。外科診療と並行して総合診療としての役割を担うことや、医療全般の業務のなかの「隙間医療」を担当しています。隙間は欠けた、ではなく、隙間を埋める、ととらえて頂けると幸いです。現在、病院総合医研修2年目です。

開業医の先生方へ

「この疾患、どの診療科に?」紹介頂ければ院内で対応可能か検討いたします。ますます公立病院が厳しい状況に置かれるなか、医療圏東西への取組、急性期、高度急性期から裾野の医療まで鏡餅医療で乗り切ります。

副院長 小野 博典

(オノヒロフミ)

※医療安全管理部長兼務

専門分野

  • 外科一般/呼吸器外科/乳腺外科

認定資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本医療安全学会高度医療安全推進者認定医

医師免許取得 1986年

患者さんへ一言

日常診療の中で患者様、ご家族に寄り添う医療を心がけています。

開業医の先生方へ

いつもご紹介いただきありがとうございます。
当院での検査治療経過に関しましては、できるだけ詳細にお返事したいと心がけています。
ご不明な点がありましたらいつでもご連絡ください。
今後とも何卒宜しくお願いいたします。

外科部長 田中 克明

(タナカ カツアキ)

専門分野

  • 消化器外科/一般外科

認定資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

医師免許取得 1994年

患者さんへ一言

患者さんの心に寄り添った信頼される医療をご提供できるように努めていきたいと思います。

開業医の先生方へ

地域の先生方や医療スタッフと連携しチーム医療の実践を大切に心がけていきたいと思っています。よろしくお願いします。

メディカルマネジメントセンター部長 山口 圭三

(ヤマグチ ケイゾウ)

※麻酔科医長兼務

専門分野

  • 消化器外科/麻酔/医療経営/診療報酬

認定資格

  • 医学博士
  • MBA(経営修士)
  • 社会保険労務士
  • 医療経営士1級
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • がん治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 外科周術期感染管理認定医・教育医
  • 腹部救急認定医・教育医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本医師会認定産業医
  • 診療情報管理士

医師免許取得 1994年

患者さんへ一言

治療と仕事の両立にお悩みの患者さんはぜひご相談ください(両立支援コーディネーター)。

開業医の先生方へ

公立八女総合病院へご紹介の際、どこの診療科に紹介すれば良いか迷われる場合は、ぜひ私にご連絡をください。
また、診療報酬請求に関するお困りごとも可能な範囲でご相談に乗ります。

消化器外科部長 川原 隆一

(カワハラリュウイチ)

専門分野

  • 肝胆膵外科

認定資格

  • 日本外科学会認定医、専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本膵臓学会認定指導医
  • 日本胆道学会認定指導医

医師免許取得 1996年

患者さんへ一言

これまで久留米大学肝・胆・膵外科にて消化器疾患を中心に診療して参りました。その経験を活かし頑張っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

開業医の先生方へ

これまで久留米大学肝・胆・膵外科にて消化器疾患を中心に診療して参りました。特に胆道疾患のトラブルシューティングの診療を行っておりました。膵疾患の診断治療にも携わって参りました。その経験を八女の医療でも活かしていきたいと思います。

呼吸器外科部長 吉山 康一

(ヨシヤマコウイチ)

専門分野

  • 呼吸器外科

認定資格

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 肺がんCT検診認定医師

医師免許取得 2002年

患者さんへ一言

負担が少ない手術を目指しています。よろしくお願いします。

開業医の先生方へ

呼吸器・縦隔疾患に対する胸腔鏡下手術を積極的に行っています。微力ながら八女の地域医療に貢献できれば幸いです。

消化器外科医長 藤野 真也

認定資格

  • 日本外科学会専門医

医師免許取得 2006年

大腸・肛門外科医長 緒方 傑

(オガタ スグル)

専門分野

  • 外科/大腸・肛門

認定資格

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

医師免許取得 2012年

患者さんへ一言

患者さんとその御家族に寄り添う医療を心がけていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

開業医の先生方へ

外科の中でも大腸・肛門領域を専門としております。微力ながら八女の地域医療に貢献できればと思います。よろしくお願いいたします。

非常勤医

小児外科 東舘 成希

(ヒガシダテナルキ)

専門分野

  • 小児外科

認定資格

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本小児外科学会専門医

医師免許取得 2007年

患者さんへ一言

患者さんとその御家族に寄り添うような医療を心がけていきます。

開業医の先生方へ

外科の中でも小児外科を専門としております。
小児の鼠径ヘルニア、精索水腫、臍ヘルニア、停留精巣などの患者さんがいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい。
また、上記以外でも小児の消化器疾患、一般外科疾患の患者さんも是非ご紹介下さい。