Nursing section当院の看護部について

公立八女総合病院看護部理念

看護部基本方針

  1. 私たち看護師は、患者さんの生命の尊厳と個人を尊重し、安心できる看護を実践します。
  2. 私たち看護師は、患者さんに、エビデンスに基づいた専門性の高い看護が提供できるように自己研鑽に努めます。
  3. 私たち看護師は、チーム医療の一員としてアサーティブなコミュニケーションで看護の専門性を発揮し地域医療に貢献します。
  4. 私たち看護師一人一人が、自分らしく働き続けられるための健全で安全な職場環境作りに努めます。
  5. 私たち看護師は、組織の一員として病院の経営に積極的に参画し、健全な病院経営のもと看護サービスの向上に努めます。

公立八女総合病院看護部は、「私たちは、患者さん一人ひとりを大切にし、高い倫理性をもって患者さんに寄り添った看護を提供します」の理念のもと、地域住民の方々の健康を守り、安心した医療を提供することを念頭に、日々患者さんに寄り添った看護の提供に努めています。また、専門職として自立した看護師の育成と地域での看護の質向上のため、教育師長を中心に人材育成にも力を入れ、認定看護師・専門看護師・特定行為研修修了看護師育成支援など、スペシャリスト育成についても組織的に支援します。 更に、本年度は「ヘルシーワークプレイス」を推進し、私たち看護師一人一人が、自分らしく働き続けられるための健全で安全な職場環境作りに努めます。

看護部長 田村 ルミ

看護単位と看護体制

一般病棟 300床 7看護単位
手術室 6室
血液浄化センター 40床
入院基本料 7対1入院基本料
急性期看護補助体制加算 25対1

教育理念

病院理念・看護部理念を基に、深い人間愛と科学性を備え、生涯学習姿勢を持った看護実践者の育成を目指します。

教育目標

  1. 倫理的感受性と倫理的行動力を高める。
  2. 看護の専門的知識・技術・態度を修得し、看護臨床実践能力を身につける。
  3. 問題解決能力・判断力を身につける。
  4. 看護における継続教育・研究の目的を理解し、自己研鑽できる。

新人看護職員サポート体制(2020年4月15日現在)

新人看護職員研修は、所属部署の直接の指導者だけでなく、部署スタッフ全員が新人看護職員を見守り、幾重ものサポート体制を組織として構築(図1参照)することを目指しています。そして、新人看護職員が看護の素晴らしさを実感し、看護に対する誇りが持てるように、指導者がロールモデルとして、新人看護職員に示していくようにします。

新人看護職員を支える組織体制

部署組織体制図(図1)

新人看護職員支援メンバー

名称 定義
新人看護職員 看護師免許取得後、実務経験1年未満の入職者
フレッシュパートナー 世話役、相談役、職場適応への援助者・助言者
クリニカルコーチ 看護職員として必要な基本的知識・技術・態度を有し教育的指導を行う者 臨床実践に関する直接的指導、評価を行う
チームメンバー 臨床実践に関する直接的指導を行う者
副師長・主任 新人看護師・フレッシュパートナー・クリニカルコーチ・チームメンバーへの助言及び指導を行う者
教育委員 OJT(現場教育)とOFF-JT(集合教育)の運営を中心となって行う者
師長 部署におけるチーム支援の責任者

2020年度公立八女総合病院 新人看護職員研修年間計画について

※こちらよりダウンロードできます。

「2020年度公立八女総合病院 新人看護職員研修年間計画表」PDFファイルをダウンロードする

メンタルヘルスケアサポート

※こちらよりダウンロードできます。

職員の心の健康問題やストレス対処について積極的な取組を実施しています。 ストレスと上手く付き合うための研修や職場環境の評価やその対策、部署での体制作りに力を入れています。また、ラインケアや臨床心理士による個別相談など相談体制の強化も図っています。 当院では、院内の臨床心理士に他に院外のカウンセリングルームの臨床心理士とも共同し相談しやすい環境をととのえています。